イチゴ鼻の原因は、ひとつだけではありません。
ひとつであれば対策も簡単なんですけど、そう簡単にはいかないんです。
ひとつひとつ、根気よくケアしていきましょう。

イチゴ鼻の原因



  1. 乾燥によって過剰に生産された皮脂が溜まってしまう

  2. 乾燥によって毛穴が開き皮脂が入り込んでしまう

  3. 洗顔などで落としきれなかった皮脂が酸化してしまう


おもにこの3つが原因として挙げられます。
共通していること、それは「皮脂」ですね。

皮脂は人によってそれぞれ分泌量は違います。
乾燥肌の方は、乾燥を防ごうと皮脂が余分に分泌されることがありますし、脂性の人はもともと分泌量が多くいつも顔がテカテカとひかりがちですよね。

つまり、乾燥肌の人も顔がテカテカの人もどちらもイチゴ鼻になりえるということなんです。
それじゃぁ、イチゴ鼻とそうでない人は何が違うのか?ということですよね。

違いは角栓


その違いは毛穴に詰まった「角栓」の大きさによるものなんです。
イチゴ鼻の方は皮脂などの汚れや角質が毛穴にびっしりと詰まってしまっています。
この角栓が白いうちはあまり目立たないんですが、洗顔やクレンジングで落としきれなかったりすると酸化してしまい黒ずんでしまう、というわけなんです。
黒ずんでしまう前にきちんと落としきれているかが重要なポイントになりますね。

次からは対策をみていきましょう!




| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »